• 総合診療外来
  • 糖尿病外来
  • 循環器外来
  • ダイエット外来
  • 脳疲労外来
  • BOOCSカウンセリング
  • パーキンソン病外来
  • もの忘れ(認知症)外来
  • 睡眠外来
  • 禁煙外来
  • BOOCS 入院
  • 健康診断・人間ドック
  • ホリスティック医療
  • 脳疲労自己診断
  • 脳疲労とプラズマローゲン 認知症の最新研究
  • トップ
  • 当院について
  • 診療時間・案内
  • アクセス
  • フォトギャラリー
  • お問い合わせ

もの忘れ(認知症)外来

もの忘れ(認知症)外来

認知症とは・・・
大脳皮質・脳室・海馬の著明な萎縮
アルツハイマー病は海馬にβアミロイドが蓄積沈着し、海馬が萎縮して起こるというのが現在の有力な仮説で、図(B)のような大脳皮質の崩壊が起こる以前に、認知症は始まっています(図A)。現在、介護保険制度を利用している認知症高齢者は、約280万人と推計され、原因としてはアルツハイマー病が最も多いとされています。当院では、主にアルツハイマー病の方を中心に、新しく発表されたホタテ・プラズマローゲンの飲用と、脳疲労外来の治療法を合わせた、独自の治療をおこなっています。まずはご予約のお電話をお願い致します。TEL.092-283-6852
(初診は詳しくお話を伺うため2~3時間程お時間がかかります)

アルツハイマー病とプラズマローゲンの詳しい内容はこちらをご覧ください。

ご予約の際に、以下のようなご質問をさせて頂きます

●いつから、どのような症状がありますか?
●現在かかっている病気(病院)がありますか?
●現在のお住まいや家族構成など

予約後の流れ

事前に問診を記入して頂きます。下記よりダウンロードし、ファックスまたは郵送で返信ください。
(印刷環境がない方はご郵送またはFAXで送ることも可能です)
事前問診票

診察時のお願い

●ご受診は必ずご家族やこれまでの経過を説明できる方がご一緒に来院ください。
●かかりつけの病院がある場合は当院への紹介状(診療情報提供書)をお持ちください。
●1年以内に頭部のCT・MRIなどを撮った場合、入手可能であれば画像のコピーまたは
 CD-ROMをお持ちください。
●ご記入頂いた問診票・保険証、あればお薬手帳などもご持参ください。

初診の流れ

(1)問診(先に記入スミ)、気分の状態を知るための心理テスト脳疲労チェックを行います。

(2)診察(上記問診・テストをふまえお話を伺い、検査の指示をいたします)

(3)簡易認知機能検査、今後の治療の流れとホタテ・プラズマローゲンのご説明

(4)血液検査+その他検査(検査は患者様の症状によって異なります)

(5)再度診察(検査結果の報告と次回診察など)