• 総合診療外来
  • 糖尿病外来
  • 循環器外来
  • ダイエット外来
  • 脳疲労外来
  • BOOCSカウンセリング
  • パーキンソン病外来
  • もの忘れ(認知症)外来
  • 睡眠外来
  • 禁煙外来
  • BOOCS 入院
  • 健康診断・人間ドック
  • ホリスティック医療
  • 脳疲労自己診断
  • 脳疲労とプラズマローゲン 認知症の最新研究
  • トップ
  • 当院について
  • 診療時間・案内
  • アクセス
  • フォトギャラリー
  • お問い合わせ

睡眠外来

眠りと健康

最近、睡眠は時間ではなく、睡眠そのものの質が非常に重要なことがわかってきました。たとえ睡眠に十分な時間を割いても、朝、目が覚めた時に眠気がある、また、昼間気だるく強い眠気がある場合などは、睡眠障害がひそんでいる事があります。
睡眠障害に陥ると、日中の活動や思考、労働の質、運転能力などが低下することはもちろん、うつ、高血圧や糖尿病といった成人病、心筋梗塞や脳卒中などの重篤な病気を高率で引き起こすことが明らかになっています。質のよい睡眠をとることは、健康でのために必要不可欠なのです。

睡眠障害とは?

睡眠障害とは、なかなか眠れない、朝早く目が覚めてしまうなどといった「不眠症」だけではなく、「過眠」やいびきや寝言などによって「睡眠」の質が低下することで、昼間の活動など日常生活に支障をきたした状態を睡眠障害といいます。

睡眠時無呼吸症候群とは?

10秒以上呼吸が止まってしまうことを無呼吸といい、睡眠時に無呼吸が1時間に5回以上、あるいは7時間の睡眠中に30回以上の無呼吸がある状態を、睡眠時無呼吸症候群といいます。
睡眠時無呼吸症候群の主な症状としては、イビキ、昼間の眠気・倦怠感、熟眠感の欠如、起床時の頭痛、睡眠中の頻尿などがありますが、適切に診断と治療を行った場合、多くの方でこれらの症状が改善されます。
また睡眠時無呼吸症候群の患者さんは高血圧、心血管病、不整脈とも密接に関連していますので放置すると生命の危険に及ぶこともあります。
昼間の眠気により睡眠時無呼吸症候群の4割が居眠り運転を経験していることも明らかになっています。

睡眠時無呼吸症候群の検査

当クリニックではアプノモニターでの簡易睡眠検査を実施しております。 この検査は、ご自宅に専用の機器を持ち帰っていただき、寝る前、口と鼻に呼吸センサー、指にも装着して体内の酸素濃度の測定を行い、睡眠時無呼吸症候群などの重傷度をみます。  
ご自宅での検査ですので、日常と環境が変わらない、自然な睡眠を分析することができます。

睡眠時無呼吸症候群の治療

睡眠時無呼吸症候群治療の第一選択として、中等~重症の治療に用いられているのがCPAP(Continuous Positive Pressure) :経鼻的持続陽圧呼吸法です。
CPAPとはマスクを介し気道内に鼻から圧力を加えた空気を送り気道の閉塞を防ぐことによって、無呼吸を取りのぞく療法です。

睡眠時無呼吸症候群は肥満やお酒、喫煙などとも密接にかかわっています。 当院ではCPAPをはじめ、減量や禁煙指導、睡眠中の体位の工夫など生活習慣改善を含めた個別の指導を行っております。

リンク

あなたも睡眠時無呼吸症候群かもしれない:
http://www.teijin-pharma.co.jp/zaitakuiryou/cpap/index.html/