• 総合診療外来
  • 脳疲労外来
  • 糖尿病外来
  • ダイエット外来
  • もの忘れ(認知症)外来
  • 睡眠外来
  • 循環器外来
  • 禁煙外来
  • 漢方外来
  • BOOCS 入院
  • 健康診断
  • ホリスティック医療
  • 脳疲労自己診断
  • 脳疲労とプラズマローゲン 認知症の最新研究
  • BOOCS(ブックス)公式サイト
  • 認知症ねっと
  • Doctor's File
  • トップ
  • 当院について
  • 診療時間・案内
  • アクセス
  • フォトギャラリー
  • お問い合わせ

心療内科

Q&Aはこちら

誰もがおちいりやすい心の病、気軽に相談できるのが心療内科です。

身体が風邪をひくのと同じように、心も風邪をひきます。 最近の社会情勢の変化の中で、我々は様々なストレスにさらされています。
複雑な人間関係、仕事量の多さ、情報過多などのストレスを受け、心身症、神経症、うつ病などになり苦しまれている患者さんは非常に増えています。

  • 疲れやすく、身体がだるい。
  • 寝付が悪く、途中で目が覚める。
  • イライラしたり、急に不安になる。
  • 気持が落ち込んでやる気がしない。
  • 仕事や家事がこなせなくなった。
  • 一度食べ始めたら、止まらない。
  • 胸がドキドキしたり、息苦しくなることがある。
  • 頭痛、耳鳴り、めまい感などがある。
  • 胃が痛くなったり、下痢をしやすい。

そのような心配事がある時に、一人で悩まずアドバイスを得る手段として、また、問題がもっと深刻にならないように、気軽に相談できるのが心療内科です。
心療内科に相談されるのに、時期が早すぎる、症状が軽すぎるといったことは全くありません。 あなたが「つらい」と感じた時こそが、一番のかかり時なのです。
どうぞ一人でがんばりすぎず、ぜひ早めにいらしてみて下さい。

ストレス対処に必要なこと

まずは自分自身を見つめて、ストレスがあること、そのために自分が疲れていること(脳疲労)を自覚することが大切です。 ストレスによる脳疲労があることに気づくことができたら、ストレスへの具体的な対処法、すなわち休養やリラックス、 内服治療などにより脳疲労を解消することで、活力を取り戻すことができます。病気になる前にストレスへの対処を早めに行いましょう。

  • ストレス性頭痛
  • 過換気症候群
  • 過敏性腸症候群
  • 機能性胃腸症