• 総合診療外来
  • 脳疲労外来
  • 糖尿病外来
  • ダイエット外来
  • もの忘れ(認知症)外来
  • 睡眠外来
  • 循環器外来
  • 禁煙外来
  • BOOCS 入院
  • 健康診断
  • ホリスティック医療
  • 脳疲労自己診断
  • 脳疲労とプラズマローゲン 認知症の最新研究
  • BOOCS(ブックス)公式サイト
  • 認知症ねっと
  • Doctor's File
  • トップ
  • 当院について
  • 診療時間・案内
  • アクセス
  • フォトギャラリー
  • お問い合わせ

ダイエット外来〜メタボリック症候群の解消と健康づくり〜

ブックスダイエット

BOOCSは食べることから〜1日1快食のすすめ

2原理3原則を誰もがすぐに実行できることは何かと言えば、それは“食べること”です。その“食べること”から始めようというのが、BOOCSの第1歩です。 1日に1回は(もし難しければ週に1度でも)心から満足のいく食事をし、"食べること"で“快”を獲得するのが秘訣です。 この考えに従い、BOOCSは以下のような食事法を提案しています。

快食とは

心の底から満足できる食事をすること。
せめて1日1回は心ゆくまで
楽しんで食事しましょう
そのためには、まず自分がおいしいと思うものの中から
健康に良い物を好きなだけゆったりと楽しんで食事する

つまり一日一快食が基本です。

まず夕飯から

快食を一番実行しやすいのは夕食。伝統的日本食中心がベターですが、はじめのうちは好きな食事なら何でもOK。 とにかく、満足しなければ意味がないのです。

朝食は水分中心でOK

現代人は夜おそい人が多数派。朝はまだ胃腸の働きが活発ではないので、水分中心食で十分。紅茶と黒砂糖、緑茶、実なしのみそ汁、スープ、ジュースなど。ミネラルたっぷりの黒砂糖をとれば脳の働きも活発に。

昼食は夕食への期待感を持って

昼食は夕食までのつなぎと考えて軽く。伝統的日本食の中のおにぎり、麺類などを中心に。 夕食に何を食べようかなと期待感でいっぱいになるようだと、よいのです。

間食は我慢せずに

BOOCSを始めるとお腹が空いて、夕食まで待てない!という人は、我慢せずにまず紅茶と黒砂糖、りんごなどを食べましょう。 それでも待てないという人はパンやケーキでもOKですよ。そのうち必要なくなってきます。

【ブックスダイエットについて詳しく知りたい人はこちら】